BLOG

2021.10.26

毛先がパサつく

小松 正延

おはようございます

こんにちは

こんばんは

小松です。

毛先がパサつくのは何故か?!

1本の髪の毛のうちで、1番長い間伸びているのは毛先の部分です。

髪の保湿が十分でないと、乾燥によってキューティクルが剥がされてパサパサの毛先になってしまいます。

空気の乾燥はもちろん、シャンプー後の自然乾燥も髪によくありません。

熱すぎるドライヤーやアイロンもパサつきの原因になります。

その他にも色々な理由でパサつきの原因がありますが、この位にしておきましょう。

 

毛先がパサつかないようにする為には、適度な水分量、栄養分を与えてあげる必要があります。

濡れた髪の状態ではキューティクルが開きっぱなしで、水分、栄養分が逃げてしまいます。なので自然乾燥はやめてドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーで乾かす時も根元から当てて乾かしましょう。

アウトバストリートメントを付けてからドライヤーをかけると、髪が保護されて、熱風の影響を受けにくいです。

ドライヤーの前に忘れずアウトバストリートメントを使いましょう!

傷んでしまうと元通りに修復することは出来ないので日々ケアをしてうる艶髪を目指しましょう!

以上です!

PAGE TOP
ご予約RESERVE